2013年02月17日

アニバーサリー・ワルツ3

 紀良京佑さんの「幸せの白いカード」を練習して一旦手順を覚えてしまってから、ふと思った…。
 デックのセットと、前半の1枚目を選んでもらってサインをしてもらうところまでの手順を「ドク・イーソンのアニバーサリーワルツ」にしておいて、それ以降の手順を「幸せの白いカード」にすればいいんじゃないか?
 うん、2デッキ用意しないで済むから、この方がよさそうだ!(^-^)
 間違ってるのだろうか…。(^_^;)

※ 2枚目に選んでもらうカードは上下差がない方が簡単だ。
※ 一回だけ演じる場合はいいが、テーブルを回ったりする場合は、カードを加えるタイプの「幸せの白いカード」がいいかも。

※ 待てよ? リフルなら、2枚同時に選んでもらってもいいのかな?
※ よく解らなくなってきた…。(^_^;)
※ この場合、2枚共、先に枠を書いてあげてサインしてもらった方がいいな。(^_^;)
posted by アイラ at 11:17| 京都 ☀| Comment(0) | 手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。