2004年12月01日

HN

♪アイラです…。
 手品ばっかり買い過ぎて、年賀状を買うお金がありません…。(爆)

 さて、自分のHNについて少し。
 元々から使ってた「韋駄天」。
 こちらの由来は、インターネットでホームページを作ろうと、約5年前に買ったパソコンの名前が、たまたま「ohtec社」の「韋駄天」だったのです。(笑)
 このパソコン、今もこのネットで健在です。

 そして「アイラ」。
 こちらは、手品関係の掲示板に記事を書き込もうと思った時に、ふと「韋駄天」じゃないHNを使いたくなって、で、何にしようかと考えた時に、とっさに思いついたのが「アイラ・レビン」。
 そう、推理小説、特に、叙述トリック好きの管理人が好きな作家の1人である。
 もちろん、日本で好きな作家は「折原一」。(笑)

 彼の叙述トリックは、これでもか、これでもかのドンデン返しが仕掛けられていて、とても大好き。
 手品も、彼と同じように、しつこいくらいのドンデン返しを仕組んでみたいものである。(笑)
 そうそう、これからは、時折、折原さんの作品にもふれてみたい。
posted by アイラ at 00:06| 京都 ☀| Comment(2) | 折原一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと読み終わった「監獄島」
原稿用紙800枚の作品。
どんでん返し3〜4回。
かなりこじつけあったけど・・・
いやあ〜〜8人ほど死んで、そのほとんどが密室なんよ。
読んで見る?(笑)
Posted by ミッキー at 2004年12月12日 00:30
 「監獄島」って、新作だよね。
 最近、本から遠ざかっているので、全然だ〜。
 読むの、楽しみにしておくよ。(^-^)
Posted by 韋駄天(アイラ) at 2004年12月12日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。